雑念系ブログ
heaven.exblog.jp
ただ風ばかり吹く日の雑念 心頭滅却すれば氷自ずから熱し
Top
欲しい楽器
2007年 06月 28日 *
物欲はそれほど強くないワタシだが、困ったことに時々、突発的にちょっと変わった新しい楽器が欲しくなる。この度、欲しくなったのは……

1)鍵盤楽器(電子楽器)
2)鍵盤は白鍵と黒鍵というような普通のピアノのような並び方をしていない。
3)譜面は五線譜でなく、「三線譜」というものを使う。

アコーディオンではない。答えはコレ(ぎょえ!)

隣り合った鍵盤の間隔は全音、斜め横は半音(縦3つは同じ音).....という並び方をしていて、「ピアノ」が極端にハ長調偏重なのに比べれば、音楽的(というより楽典的にはと言う方がいいか)には、極めて合理的な考え方に基づいて設計されている。
詳しくは、この楽器「クロマトーン」を開発したCHROMA Inc.のサイトをご覧あれ。

確かに、ピアノでコードを憶えるのは大変なのだが、この楽器の理屈で言えば、一つの調のコードフォームを憶えればよい。ギターのバレーコードのように同じ形で押さえる位置を変えれば移調しても同じ響きのコードを弾けるので、単純計算で、コードを憶える労力は12分の1で済む。
(見た目の印象は反対だが^^;)
ピアノの鍵盤が何故あのような形になったのかは、いろいろな要素があるのだろうけど、このクロマシステムという音の配列は、実はかなり昔から研究されてきたらしい。
「音楽の歴史上では、数百年前から研究が施されていたと言える。その昔、偉大な音楽家や作曲家達によってクロマシステムの原型と言える理論が使用され、絶賛されていた。ハンガリー出身の音楽家ポール・ヴォン・ヤンコは今から約120年以上も前に、オルガンに似た6列鍵盤<Janko Keyboard>の製作に成功。多くの音楽家に親しまれた事はその一例だ。

また『愛の夢』等数々の名曲を生み出した作曲家フランツ・リストは、ヤンコのキーボードについて「この発明は50年後に、現在のピアノに取って代わるものとなるだろう」と、一方ピアニストのアーサー・ルビンスタインは「もしも私が新しくキャリアをスタートさせるとすれば、このキーボードとだろうね」とも語っている(サイトより抜粋)

しかしいつの時代でも、最も良いものが広く受け入れられるとは限らない。
今のピアノの鍵盤配置や五線譜による記譜法も、完全なわけではないし、法律で決まっているわけでもない。
ヤンコのスピリットを引き継いで日本で誕生したクロマシステム、かなりインパクトは強い。こういった製品を世に出そうとするベンチャースピリットが素晴らしい(マーケティングには相当苦労していると思いますが)。
現時点でクロマトーンを弾きこなしている人は極端に少ないと思うけれど、これからじわじわ愛好者を増やしそうな感じがある。(自分としても是非触ってみたい!)
ピアノや楽典に挫折した中高年世代にウケるのではないだろうか。

それにしても、世の中には恐ろしく早く楽器を習得してしまう人がいるものだ。
超絶技巧の人の映像は、コレ
[PR]
by heavier-than-air | 2007-06-28 16:14 | music *
<< こども科学実験教室 by アジ... ページトップ ウミヒコヤマヒコマイヒコ >>
The Original by Sun&Moon