雑念系ブログ
heaven.exblog.jp
ただ風ばかり吹く日の雑念 心頭滅却すれば氷自ずから熱し
Top
2007年 06月 15日 *
試験に落ちても、落ちても……という記事より



38回高校入試に失敗してもなお、諦めない。
こういう精神力はとても自分にはないので、率直に見習いたいところだが、いったい何が彼を引っ張っているのか、正直、理解の範疇を越えている。

「合格したら30歳以下の女性と結婚したいな」というコメントにも軽い目眩のような感覚を憶える。語尾の「な」が妙にカワイい。現地語でそういうニュアンスで語られたんだろう。

ふ〜〜ん、と思ってかたわらの新聞をぺらっとめくったら、「インド人に学ぶ」という本が紹介されていた。「著者は商社勤務時代から30年来、インドとの付き合いを重ねてきた。誇り高く確とした生活信条のなかに生きるインド人との交流、理詰めでしつこいインド人に悩まされた体験、カースト制度が根強く残る商習慣など、多民族、多言語、多宗教、多文化国家であるインドの奥深さや光と影が描かれている」とのこと(2007.6.15/日経産業新聞)。
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-06-15 16:16 | body & soul *
2007年 06月 14日 *
奄美の音楽と言えば、蛇皮線(ほとんど同じなのに沖縄は三線、奄美は三味線)。
久しぶりに弾いてみようかな、とてケースから取り出してみると、

”ガ〜ン”......
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-06-14 23:28 | object *
2007年 06月 13日 *


島旅名人の友人"こ〜もり"さんが、先般また奄美へ行って来た話を聞き、写真を見てそそられるものがあった。
とっくに梅雨入りした奄美は、今頃が最も美しいとのこと。
奄美のことをちょこちょこと調べてみたら、沖縄と近い割に文化的にかなり違いがあるようで、その点にも興味をそそられた。特に音楽……といっても奄美の音楽で知っているのは元ちとせくらいだったのだが、奄美の島唄と沖縄の島唄では、なんと使われている音階が違うというのだね。
a0006124_15535726.gif
a0006124_15544474.gif

沖縄は「琉球音階」、奄美は「律音階」とのことで、律音階は本土の民謡と同じ。民謡の南限が奄美だそうで、これは意外だった。琉球音楽は独特のエキゾチックな響きだが、あちこちで奄美の島唄の音声ファイルを探して聞いてみても、どうもぴんとこない。いわゆる日本民謡とほとんど同じに聞こえるのも多く(というか細かい差異を聞き分けられない)、土着的過ぎる感じがして共感できず、期待外れか、と一瞬思ったが、元ちとせのような若い世代で奄美音楽のスピリットを持った人がいるはずだと探してみたら案の定。
中孝介という新進の唄い手になぎ倒された。ファルセットで唄う時の独特のコブシは元ちとせと同じで、この唄い方が奄美の伝統なのだろうか。
それにしても、上手いと言われているJ-Popシンガーでも、喉を開き切っていないというか、なんとなく苦しそうに聞こえる人が多いのに対し、この中孝介の声は全身が共鳴しているようなサウンドだ。
欧米で活躍してほしい気がする人であるが、まずは今年の紅白歌合戦に出る、と予想しておこう^^
「花」は森山直太郎の楽曲だそうだが、いい曲だ。

ところで「律音階」ってどんなのだっけ.........「ド-レ-ファ-ソ-ラ」か、確かに琉球音階とはかなり違う。
高→低だと「ラソファレド」..........ん?
なんか昔の曲を思い出した。
沢田研二という人が唄ってたTOKIO(確か作詞は糸井重里)。
まるっきり民謡と同じ音階で出来てるというところが可笑しい。
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-06-13 12:46 | music *
2007年 05月 15日 *
セブ観音は東に向かって立っていた。
その小高い丘の上から見えるのは、セブ空港があるマクタン島、その向こうにはボホール等。
その向こうは太平洋........。

東京都知事が執務の合間に製作総指揮を行った渾身の映画が封切られたそうで、そのニュースを見て反射的にセブ観音で祈りを捧げたことを思い出したのだった。
しかし、こういう勇ましそうな映画は、自分のような金多摩のサイズが小さい人間には全く観る気が起こらない。もう反射的に頭の中で加川良の「教訓1」が鳴り響いてしまう。
特攻隊というものを作り、指揮したのは、誠に立派な素晴らしい軍人さんだったらしい。

再び心の中でセブ観音に合掌。




[PR]
# by heavier-than-air | 2007-05-15 00:10 | strangeness *
2007年 05月 12日 *
◯月○日未明、川崎市○○区の風 俗店に何者かがバキュームカーで乗り付け、搭載したタンクの内容物を店内に大量にまき散らして逃走。同店では地元の暴力団とみかじめ料を巡ってトラブルがあり、今回の事件もそのことと関わりがあると見られる。

......みたいな新聞記事をたま〜に見かけるが、ウチの場合は、今迄みかじめ料などというものは断固拒絶していたのだが、この度、別に要求されてはいないが、自主的にお支払いすることにしたのだった。

別に猫嫌いではないので、天気のいい日に、どこかの飼い猫か野良猫か知らないが、ウチの庭に入って来て勝手に昼寝しているくらいではなんともない。「気持ちよさそうだのぅ」くらいは思う。
しかしいつからか、そいつらが何を考えてるのか、嫌がらせのようにどでかいモノを置いて行くようになったのだった。
当然頭に来たので、猫が入って来るのを見つけた時は、空気銃や吹き矢、投石水鉄砲で追い払っていたのだが、そういう日の翌日には、それをあざ笑うかのように、さらに大量のブツがぶちまけられているのだった。
ぬぬぬ、夜行性の動物を見張っているわけにもいかぬし、と地団駄踏んでいたのだが、そこはネット上の智慧者にお聞きして対抗策を講じた。

まず「置き土産」を片付ける。
今迄は、そこに猫が嫌う匂い付きの砂だとか、オリジナルのエッセンシャルオイル等を撒いて攻めていた(つもりになっていた)のだが、そんなものはほとんど効果はないので、発想を逆転させた。
ドライタイプの猫の餌(オメーらにはいちばん安いやつで十分だ)を買って来て、適当な間隔をおいて庭に撒いておく。
猫は食べにくるが、その際、そこは食事をする場所であって排泄する場所ではないと認識するらしい。
撒いた餌は3日間で少しずつ無くなり、その間は「土産」は残されていなかった。

今のところ上手くいっているが、もう少し様子を見ることにしよう。
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-05-12 15:43 | strangeness *
2007年 05月 06日 *


エリック・モングレインという音楽家をBMさんのところで知った。BS見たかったな。
公式サイトからYouTubeの画像が見られる。
AirTap!という曲になぎ倒された。
素晴らしい。
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-05-06 11:52 | music *
2007年 04月 30日 *
ホテルの敷地内にひっそりと「セブ観音」というのがあったのでお参りしてきた。
かつてこのあたりに日本海軍の滑走路があり、そこから神風特攻隊の第1号機が飛び立ったそうだ。
飛び立ったのは、もしかすると私だったかもしれないし、貴方だったかもしれない。
観音像の台座にはこう書かれている。

セブ観音

さきの第二次大戦に於てセブ島及び
その周辺地域で戦死されたすべての
方々の御冥福と永遠の平和を祈って
ここにセブ観音を建立する

This Statue of The Goddess of Mercy
is dedicated to all Filipinos and
Japanese who lost their lives
in this area in World War II.
May their souls rest in peace.
a0006124_2353174.jpg

[PR]
# by heavier-than-air | 2007-04-30 23:58 | place *
2007年 04月 29日 *
a0006124_19395485.jpga0006124_19402861.jpga0006124_19432114.jpgばたばたとセブに来ている。4月〜5月というのは真夏で学校は夏休みのようだ。
日差しは強烈だけど、風が結構あるし日陰は意外に涼しい。
ビーチ沿いのリゾートホテルは満杯だったが、市内のホテルは直前にも関わらず、Web経由で余裕でとれた。半分仕事だからまあいい。
現地日本人会の幹部の方に、こちらでビジネスする際のキモについて貴重なご意見を伺う。

ところでフィリピンは5月に選挙があるとのことで、電柱、駐車場の壁.......町中のあらゆるところに候補者のポスターが貼られまくっている。
決められたところにしか貼ってはいけないというルールがあるのかないのか知らないが、とにかく数貼った方が勝ち、みたいな勢いだ。
しかし、この選挙がらみで今年に入ってから候補者やジャーナリスト等々、20数名が殺されている。さすがに......というべきか、大統領が政敵を空港で殺してしまう国だ。
とか関心している場合ではないが、セブ島ではその手の事件は今のところ起こっていないようだ。セブはマニラに次ぐ大都市だが、フィリピンの治安状態の平均からすれば、かなり高いところではある。この点は非常に重要だ。
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-04-29 20:11 | place *
2007年 04月 16日 *
a0006124_11235837.jpg一気にトーンダウンしてしまったギター自作だが、先週はコツコツと一日4フレットずつ打ち込んだ。
あとは余分なところを落とし、大まかにヤスリ掛けして形を整える。最終的な仕上げは、この指板をネックに貼り付けてから。
ところで、小学校高学年になった長女が、ケータイを欲しがっている。
メールならPCを使わせているし、まだいらんでしょ.......と突っぱねていたら、さすがギターを自作する父ちゃんの背中を見て育った子どもである。
しらないうちにケータイを自分で作っていた。

続く......
[PR]
# by heavier-than-air | 2007-04-16 11:53 | guitar making *
2007年 04月 07日 *
a0006124_15391616.jpg

a0006124_1540054.jpg

平日に休みをとって、半年前にも行った新江ノ島水族館に、また行って来た。
他に行くとこないのか。ないのだ。
鴨川シーワールドも候補としてあったが、遠いので却下。

今回はクルマで逗子から名越トンネルを通って下馬へ抜け、由比ケ浜沿いに。
海はいい。寒かったけど。
帰りは鎌倉市内、鶴岡八幡宮の前を通って二階堂方面へ。
この辺りは中学時代の通学路だったが、ずいぶん変わってしまった。
鼻腔の奥と海馬の中間あたりに、なんとも言えない感じを覚える。

中学時代の友人にメールしたら、
「鎌倉は悲しく変貌しているよ。
苔のにおいのする路地、虫がいそうな生け垣、
道に覆い被さるように生えた庭木、み〜んなマンションや
ケーキのような建て売り住宅に なった&なっている 」
.....という返事。
a0006124_1540284.jpg

[PR]
# by heavier-than-air | 2007-04-07 15:41 | place *
ページトップ
The Original by Sun&Moon