雑念系ブログ
heaven.exblog.jp
ただ風ばかり吹く日の雑念 心頭滅却すれば氷自ずから熱し
Top
2006年 06月 28日 *
一昨日、某所(喫茶店)で打ち合わせ中、ふと外を見ると、その方が数人のスタッフと車から降りて来て、迎えのスタッフと一言ふたこと話した後、ビルに入って行くところだった。
ワタシどもの状況はかなりシビアであったのでありますが、その方はなんというか、周りの人をシアワセにしそうなオーラがあり、一瞬ではありますが、しんどいココロを和らげてくださったのでした。
[PR]
by heavier-than-air | 2006-06-28 11:27 | place *
2006年 06月 19日 *
週末、ひさしぶり(二ヶ月以上)にテニスで少し汗をかいた......。
筋力が落ちており、自分の打った球のへなちょこさに凹む。
昨日、朝から一日軽い頭痛(明け方に思いのほか冷えたせいか、日に焼けたせいで軽い熱中症になったか)。
夜、かなり楽になったので、ぬるめの風呂に約1時間浸かる。
対クロアチア戦を観て汗をかいて(笑)就寝。
今朝起きたら、なんとなくスッキリしているので体温を測ってみると36.7度。やっと人並み........暑くなってきたからか。
わしゃ変温動物か......
.......と思うに、操体法、けっこう効いてる感じがある。
自分で掴みに行く、というのを手伝ってもらう、というところが
結構ミソなのかも知れない、という実感......これは発見。
[PR]
by heavier-than-air | 2006-06-19 10:36 | body & soul *
2006年 06月 11日 *
先般、やじまさんに「操体法」の施術をしていただいた。
予めやじまさんのWebサイトを読んだり、創始者である医師、橋本敬三氏のドキュメンタリーDVDを見て、ある程度の知識は得ていたが、こういうものは実際に受けてみてナンボのものだ。
やじまさんは橋本先生の直系の弟子筋の方から、創始者のオリジナルの方法を伝授してもらったとのことで、従ってワタシが受けた施術は、「元祖」操体法とほとんど同じものだと思われる。

施術と言っても、鍼やマッサージを受けに行くのとは、かなり違う。
クライアント(ワタシ)は自分の筋肉や骨格の感覚(快/不快、痛くない/痛い)を手がかりとして、自分の中の自然治癒力を動員し、バランスが崩れている部分の歪みを、自ら動くことによって取り除こうとする。プラクティショナー(施術者)はそれをサポートするという役割だ。
だから、クライアントに与える刺激(物理的な力)は必要にして十分、非常にソフトであり、手足の指や肩に与えられる微細な振動などは、それ自体、うっかりしていると寝てしまうくらい心地よい。とても繊細で安心感のある施術が終わった時、肩がポカポカして軽くなっていた。多謝!

自分は随分長い間Yogaをやっているが、Yogaも自分の身体内部の深いところにある感覚を重視する。ただ、Yogaはその特性として、基本的にずっと続けることでジワジワとわかってきて、健康や美容の効果がでてくるといったところがある。その点、操体法はプラクティショナーのサポートがあるので、割合簡単に自分の体のどこに不具合があるのかを感じやすい。その分、Yogaより即効性が期待できるかもしれない。何回か通って、自分のカラダの調整の仕方がわかってくれば、自分だけでもできるようになる。

因みに、やじまさんの治療室のある成城の雰囲気も素敵。
おすすめです。
[PR]
by heavier-than-air | 2006-06-11 12:03 | body & soul *
2006年 06月 08日 *
a0006124_16593259.jpg
仕事の合間に轆轤を回して早10年........ちゃうちゃう。9日。
昨日より今日、今日より明日.....いぃ〜っぽ進んで二歩下がる。
ではあれど、じわじわ進歩してないことはないようだ。
[PR]
by heavier-than-air | 2006-06-08 17:01 | pottery *
ページトップ
The Original by Sun&Moon