雑念系ブログ
heaven.exblog.jp
ただ風ばかり吹く日の雑念 心頭滅却すれば氷自ずから熱し
Top
2005年 11月 24日 *
もう10年以上も前の話、読売新聞の売り込みがウチに来た。他の新聞と契約していたので「結構です」と言ったが、例によって「一カ月だけでもとってもらえないか」という。
ひつこいので生返事でノラクラ断っていると、相手の方がキレた。
新聞青年「さっきから聞いてりゃふざけやがってよぅ、俺が誰だか知ってんのか?」
六尺「へ?知るわけないっしょ」
新聞青年「俺は国士舘空手部だ」
六尺「(やった!)あのさぁ、アナタね、自分で何言ってるかわかってんの?」
新聞青年「なんだぁ?ごるぁ」
六尺「それ、もしかして........脅してるつもり? ちょっと待って(ビデオカメラ出す)........今のも一回言ってくれる?」
新聞青年「っざけやがって」(上がって来そうな気配)
六尺「あ、上がってきたら不法侵入よ。犯罪よそれ完全に」
新聞青年「ちぃっ、タダで済むと思うなよっ」(後退しつつ玄関から退場)

ビデオは撮れなかったが、言われたことは憶えていたので、直近の読売販売所に速攻Telし、人相体格を確認して事の次第を話すと、すぐに主人が洗剤を1ダーズほど抱えてすっ飛んできて謝ったが、既に遅し。
だいたいウチは合成洗剤なんか使わないのだ。(タダでも)無添加ぢゃなきゃイヤなのっ。

以来、読売の売り込みがあると、以上の顛末を簡潔に話して引き取ってもらっている。
売り込みの人も「ああ、昔はそんなこともあったようですね」と妙に納得している。
あと、ことあるごとに色んな人にネタとして話している。

かの新聞青年が本当に国士舘大学空手部だったかどうかは知らない。
嘘だとしたら、チンピラの脅しの小道具に使われた国士舘大学はいい迷惑だし、ホントだとしても、あんなふうに宣伝されたら嬉しいのかどうかわからん。

「インテリが作ってゴロツキが売る」と言われてたのは何新聞だったか..........?

販売店の店長が、その後2〜3日したらまた来て「先日はたいへん申し訳ありませんでした。あの販売員は即刻クビにしましたので」と言った。「..........それで、一カ月だけでも」

負けるよ読売には。バカタリが(笑)
[PR]
by heavier-than-air | 2005-11-24 21:06 | strangeness *
2005年 11月 23日 *
.......というキャッチコピーで、「森村誠一の写真俳句のすすめ
という新刊本の広告が今日の朝刊に出ていた。

を!
魂の香煙燻る五月晴れ
犬端の会議姦し春の朝
これらの句もその一部のようだが、すごく佳ゐ句なのかどうかイマイチ判断がつかない。
けど、「写真俳句」というのが、目から入って行くタイプの自分の気持ちに然うものがある。

古本屋かオークションで見かけたら買お。
その前に本屋でチェックか。
俳句に関しては、その前に買うべき本が何冊かあるのだった。
[PR]
by heavier-than-air | 2005-11-23 16:27 | around俳句 *
2005年 11月 22日 *
プレッシャーかなにか知らないが、円形脱毛症ができるほど(軽くなくヤバい)の忙中閑。
一日のお仕舞のクールダウンのウイスキーのお陰で、またギターを競り落とすハメに......(苦笑)。
けっこうちゃんとしたクラシック・ギターで、トップは単板(合板ではないちうこと)で、25年ものの割にきれい。しかし、表面にクラックが入っているので「ジャンク」扱い。そのせいで低価格で落ちた。ホントはあまり落とす気はなかったのだが「もっと高値つけるやついるだろう」と思ったらいなかった(軽く“アチャ〜”)。
クラックの感じだと、しばらく弾かずにしまっておいたら亀裂が入ったような感じだ(自分のもそうだ)。こういうのはたまにあるが、まあ、自分のはそれほど音も変わらなかったし、クラックぐらい補修して使えばいいのだ。
あのくらいでジャンク扱いはギターがかわいそうなのだ。

タイトルの「ウィリー・ネルソンとエグベルト・ジスモンティの共通点」というのはギターの傷。傷というより、この場合はっきりと「穴」でごわすネ。
a0006124_1627777.jpg
若い頃(まだ穴あいてない)
a0006124_16272884.jpg
70'sだそうです。既にキテます。
a0006124_1628274.jpg
かなりキテます。
a0006124_16282317.jpg
fホールに見えないこともない(笑)

ウィリー、30〜40年かけてギターを掘って行ったわけですね。
新しいギター、買えないはずないのだろうけど、トレードマークだし、愛着もあるんだろうし、それにここまできたら、もうこの穴があいてないと出ない音色ってのがあるはず。素晴らしい!

ブラジルの天才的ギタリスト/ピアニスト、エグベルト・ジスモンティのギターにも、裏側にやはりウィリー並み(もしくはそれ以上)の大穴があいているのを、昔雑誌で見た事がある。
「あ、この穴? ステージでひっくり返しちゃったんだよ。修理しないのかって?
まあ、あんまり音変わんなかったから、いいんだよこのまんまで」
......みたいに答えていた。流石ラテン系のおおらかさ、という感じでタマゲつつ笑ったのでよく覚えているのだった。
[PR]
by heavier-than-air | 2005-11-22 16:59 | music *
2005年 11月 16日 *
家を買うとお嫁さんがついてきます
正直、反応しなかったわけではない。
.......つーか激しく反応。

>他人事ながら気になる婿探しの条件というと、
>「理想的なのは40〜60歳までの男性で、学歴があって、機知に飛んだ会話の出来る人。
>キャリアがある人で宗教的なことに興味があり、旅行や動物が好きな人。
>私自身に子供はいないけれど、子供は大好きなので喜んで継母にもなるわよ」
年齢:O.K.
学歴:?(どの程度がお望み)
機知に飛んだ会話:機知に「富んだ」ではないとこがミソか?ぶっとんだ話題が好きなのかな?
キャリアがある:?(何を持ってキャリア?)
宗教的なことに興味がある:O.K.
旅行や動物が好きな人:まあ、O.K.
喜んで継母にもなるわよ:心意気やよし。

デボラさん、バランタインデーまでチェックさしてもらいます。

>(上)48歳とは思えない可愛さ(下)素敵なおうち(写真のキャプションより引用)
御意!
[PR]
by heavier-than-air | 2005-11-16 14:02 | strangeness *
2005年 11月 04日 *
【飲む発毛薬】に問い合わせ殺到

>薬は脱毛の原因となる男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」を
>作る酵素の働きを抑える。このため精力減退などの副作用が現れ、
>服用を止めると元の薄毛に戻ってしまうという。

貴女の彼氏だとすると、どっちがいいですか?

(1)髪の毛ふさふさのイ○ポ
(2)絶倫のハゲ

......小生は自分としては(1)より(2)でありたゐ。
[PR]
by heavier-than-air | 2005-11-04 17:48 | body & soul *
ページトップ
The Original by Sun&Moon